PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

どこでも研究室

3月6日のブログに、僕が愛用しているリュックの紹介をした。

今日は、その中身について書こうかと思う。

このリュックの優れているところは、

ノートPC用のパット(対衝撃用)がついているところである。

なので、ノートPCを安心して持ち運べる。

さらに、リュックの中身はというと、

・折かさ(いつ雨が降ってもいいように)

・爪切り(学会出張に行くとなぜか爪が伸びてることが多いので)

・風邪薬(”早めのパブロン”)

・文具一式(筆記用具、修正ペン、クリップ等)

・電子辞書(わからないことはいつでもどこでも調べる)

・文庫本(その時々で気になっている本を一冊)

・原著論文いろいろ

・メモ、ノート

・専門書(そのときのマイブームによっていろいろ)

・手帳(スケジュール管理、アイデアメモ用)

と、そんな感じで盛り沢山なのである。

一見無駄なような気もするが、これだけ揃っていると、

リュック一つで「どこでも研究室」なのである。

特に学会出張とかで移動中にはかなりの威力を発揮する。

喫茶店に入っても、新幹線の中でも研究を加速することができる。

思いついたときに、思いついたことができる。

これは僕が学生時代に、

自宅から大学まで約2時間かけて通っていたときに

電車の中でも研究できるような体制を整えようという

ところから始まった戦略なのである。

例えば、電車が事故で止まって途中下車して喫茶店さえ見つかれば、

「どこでも研究室」なのである。

実際、バイトに行くときも、飲みに行くときもリュックを背負っていた。

時間忘れて終電に遅れても、カプセルホテルで「どこでも研究室」。


そういえば、最近はチャリ通だし、飲みにもほとんど行けなくなったので

「どこでも研究室」してないなぁ。

桜の咲くころに、リュック背負って近くの公園にでも出向いて

「どこでも研究室」でもしようかどうか、企んでいるところである。

★<↓↓↓毎日クリックしてくれると嬉しいです↓↓↓>_/_/_/_/_/_/

↓これからも応援お願い致します!

(クリックお願いします)【ブログランキング(自然科学)参加中】

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/★
スポンサーサイト

| 思いつき日誌 | 12:12 | comments(1) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

燃料電池と30代,40代の転職
燃料電池とは、酸素と水素が結合する際に発生する電気を利用した発電装置のことをいう http://macebearer.photobycolin.com/

| | 2008/11/24 23:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nabyas.blog36.fc2.com/tb.php/391-0b8a2d28

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。