PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

『希望に満ちた怪物』

脳科学者であり、NHK「プロフェッショナル」の司会進行役でもある茂木健一郎先生のブログを読んでいたら、
こんな記事を見つけた。

ヨミウリ・ウィークリー
2006年10月15日号
(2006年10月2日発売)
茂木健一郎  脳から始まる 第24回

※「希望に満ちた怪物」を応援から抜粋

~~~
 その時々の社会の「正解」の外に出ることには勇気がいる。成功するかどうかは、保証されていない。だから、多くの人が「優等生」でいようと努力し、親たちも子どもたちをそのように教育しようとする。
 自分たちは「希望に満ちた怪物」でいいんだ。そのように思ったら、少しは気楽になるのではないか。

全文は「ヨミウリ・ウィークリー」で。~~~

ということらしい。

この一連の文章を読んで、ウンウンとうなずいてしまった。

僕も思えば、「不正解」な生き方を選んで

未だ「希望に満ちた怪物」みたいなものになりつつあるからだ。

それだからなのか、どうなのかわからないが、

ものすごく気楽に楽しくやっているのである。

ってことで、希望に満ちたまんまで、これから日曜出勤

しながら、来週の学会準備のために研究室にこもります。

きっと、希望という海の中を泳いで、夢という港に向かって

いるから、海の波の高さとか、海の深さとか、未知なことも

気にならずに不安にならずにいられるんだろうな。

↑いやまてよ、ただ鈍感なだけじゃないのか?(笑)
スポンサーサイト

| 有機エレクトロニクス講座 | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nabyas.blog36.fc2.com/tb.php/288-40ba8f31

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。