PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

二人で紡いだ物語

今月は国際会議やら論文投稿で多忙な時を過ごしている。そんな中でもいろんな本を読み漁っている。今回ご紹介しますのは、女性物理学者である米沢富子先生のお書きになられた「二人で紡いだ物語」という本である。タイトルから察するとまるで恋愛小説のようだが、実は米沢先生の研究者人生&ご夫妻の出会ってから現在に至るまでのエピソードが書かれているのである。米沢先生の研究テーマとの出会い、旦那さんとの出会いから話はスタートするのだが、子育てしながらの研究者人生、闘病生活をしながらの研究者としての生き方、理想とする夫婦としての形などがいろんなエピソードを交えて展開されている。とにかく米沢先生の研究と旦那さんに対する気持ちは心打たれるものがあり、その気持ち故に生じる行動力の凄まじさに圧倒されるのである。一言で言えば、元気をもらえる一冊である。病気や子育てや年齢などを理由に(言い訳に)~できなかったというネガティブな面は一字一句もない文章、逆に何があったってやっちゃうよ!できないわけない!と強い意志と行動力を感じる文章であった。それと二者択一じゃなく欲しいものやりたいことは全部手に入れる!という面も妙に同感できた。人生にはどんなネガティブな要素が含まれようと、人やモノとの出会い、自分の心構えでポジティブなものへと変化を遂げることができるというメッセージが感じられた一冊であった。

二人で紡いだ物語二人で紡いだ物語
米沢 富美子

朝日新聞社 2004-11
売り上げランキング : 124,203

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


★<逆境でも諦めない心意気、大事です!>_/_/_/_/_/_/

↓継続は力なり!?

(クリックお願いします)【ブログランキング(自然科学)参加中】

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
スポンサーサイト

| 座右の書 | 16:54 | comments(3) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

エッセイ
米沢富美子先生のエッセイは、ファインマン先生、湯川先生、朝永先生の著作同様、読みやすくて、また面白いですよね。こういう一般書が売れて、一般社会での科学に対する認識が変わっていくと良いですよね。
研究者自身も普通の人間なので、「一般社会」という考え方自体おかしいかも知れませんが...

| nobby | 2006/05/20 13:04 | URL | ≫ EDIT

わたしもよみたいです。今度貸して~。

| ayata | 2006/05/29 17:53 | URL | ≫ EDIT

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2008/11/11 15:02 | | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nabyas.blog36.fc2.com/tb.php/249-93a5190e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。