PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ランダムな世界を究める

現在、国際会議の講演の準備やら論文執筆やらで超多忙なので、休日返上で研究室に参上した管理人でございます!
さて、恒例の書評である。今朝喫茶店で読み終わった本の紹介をしておこう。女性物理学者の大御所、米沢富美子博士が執筆された本、「二人で紡いだ物語」と「ランダムな世界を究める」を並行して読み進めていたのだが、「ランダム・・・」の方が先に読み終わってしまったので紹介しておこう。この本は、米沢博士と立花隆氏の対談を書き下ろした形式になっている。米沢博士といえばアモルファス系の物性研究で有名だが、研究を着手するに至ったエピソードから始まり、渡英、渡米、京大、慶応大・・・に至るまでの研究者人生の中でのエピソードが素人でもわかる内容で書かれている。その間に結婚、出産、子育て、闘病生活とありとあらゆる体験を経ながら、あるときには癌との闘いという逆境に立たされながらも研究者としての自分のペースを崩すことなく「ランダムな世界を究めていく」姿が重い空気を感じさせることなくさらっと書かれているところがスゴイ。とにかくその行動力には驚かされっぱなしだったし、絶対プラス思考みたいなものを感じさせる。いうなれば、このくらいのバイタリティーと強靭な精神力がなければ、研究者としてあるテーマを「究める」には至らないのかもしれないとも思わせる一冊だ。
ランダムな世界を究める―物質と生命をつなぐ物理学の世界ランダムな世界を究める―物質と生命をつなぐ物理学の世界
米沢 富美子 立花 隆

平凡社 2001-10
売り上げランキング : 96,338

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


★<あらゆる分野から刺激を受けていたいのだ!>_/_/_/_/_/_/

↓いろんなブログがあるなー

(クリックお願いします)【ブログランキング(自然科学)参加中】

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
スポンサーサイト

| 座右の書 | 12:02 | comments(1) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

近頃,私の方へコメントを頂いてもなかなかお返事できずごめんなさい.でも,毎回刺激的な(!)内容を心待ちにしております.休日仕事ですか.頑張っておられますね.
さて,お勧めの本,是非読んでみたいと思います.ご紹介ありがとう!さあ,今日も授業頑張ってきます.

| redsunflower | 2006/05/15 08:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nabyas.blog36.fc2.com/tb.php/246-d1657938

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。