PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ライバル

今日は、朝から大学内の他の研究室の修士論文発表会をハシゴしてました。化学から薬学・・・バイオまで、ちょっと気になるネタの情報収集をしてました。こういうのができるのが大学内にいるメリットだな。
さてと、この下の記事の続きを書くつもりでいたのだが、何を書こうとしていたかすっかり忘れてしまったので、(老化現象!?)自分で書いた記事を読んで頭の中でリンクされたことを書いてみたいと思います。
高校くらいまでは自分にもライバルって言える存在がいた。勉強からスポーツ、パチンコ、ボーリング・・・なんでも競い合ってた。ところが、お互い違う分野に進んだのが理由なのか、大人になったのか、いつからかお互いがあまり熱くならなくなった。と、同時に僕の中にはライバルと言われる存在が消えたのである。それからは格好いい言い方をすれば、「自分がライバル」である。で、その頃から「こいつには絶対叶わないなー」って奴と出会いたいと漠然と考えていたのである。しかし、一方で妙に冷静な自分がいるのも事実である。「自分は自分」と気持ちが固まっているのも事実なのだ。っていうか、あまりにも極端な20代を過ごしたためにそう思うしかなかったと言ってもいいかもしれない。何が極端かと言えば、大学受験諦めて働こうとしたり(バイトから社員になるための手続きはしていた)、ある日突然大学に行くことを決めて受かったと思ったらその大学を退学したり・・・。で、また大学受けて、今度はある事情で学費を自分で稼がなければいけなかったり・・・とにかく紆余曲折だったためか、他人と比較してはやっていられなくなったのかもしれない。ライバルなんて考える暇さえなかったんだと思うのである。で、最近少し落ち着いてきて、周りを見渡してみると、ライバルというか、デキルやつを良く見かけるようになった。そういう環境にいられるだけでモチベーションが上がるのものである。前にいた大学ではドクター取るやつさえ珍しい存在だったし、だいたい同期くらいの研究者が当時はいなかったので辛かったので今ではだいぶ精神的には恵まれた感がある。最近始めたブログ世の界でも同じ世代のあらゆる分野の研究者が記事を書いていてとても刺激的だ。アメリカでポスドクやってる研究者やすでにラボ持ってる若手の先生からメールが届くと「僕も行きたい!」と単純に思える。もし、今の僕にライバルがいるとするなら、今の僕でも過去の僕でもなく、将来夢を叶えてラボで研究している自分のような気もする。10年後くらいの自分を想定しようか。でも、まだまだ勉強不足。いろんな意味で。このブログのプロフィールの下のところに「選ぶ立場から選ばれる立場へ」みたいなことを書いているが、違うな。「自分が選ぶのと同時に選ばれる」ようにならなきゃいけない。まだまだ何かが足らない気がしている。日々、努力を積み重ねて辿りつきたいと思っている。そして、ライバルは・・・敢えて掲げない方がいいのかもしれない。自分の中に限界を作ってしまうような気がするから。(でも、現実はメチャメチャキビシーんだよなー。ヒィー・・←心の叫び)

★<ブログランキング強化月間>==================
↓10位から転落気味。元気を下さい(笑)

【ブログランキング(自然科学)参加中】(クリックお願いします)

======================================★
スポンサーサイト

| 思いつき日誌 | 01:59 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

また、関係なさげな話なんですけどね。

私は、サイエンスの世界に誕生後、母親、父親、祖父、ステップファーザ、に相当する師匠たちと、この順で出会い育ちました。今は、つまりステップファーザのお世話になっているのです。以下は、サイエンスにおける祖父によるものなのですけどね。

サイエンスの神様は女神である。その女神は、ヒトが、愚直で偏ったやり方で努力なるものをし、ジタンダを踏んでいるのを見かねて、同情の涙をポロッと流す。

社会における成功の神様は男性である。そして、彼は馬にまたがり、その後頭部はハゲている。馬に乗った彼は、突然、こちらに向かって走って来ることがある。その時に、その前髪をつかむことができなければ、もう二度とその髪の毛をつかむことはできない。

結構好きなフレーズなんですけどね。なので、今、ここに居るのかも。

私から見える視界は、その男女の神と自分との間に、師匠たちが、立っているような感じです。神様に通じる番人といった具合でしょうか。それらを通じて、自然科学における私の自我が形成されたのでしょうね。研究の各論的な話より、思想に関するヨタバナシの中に、むしろ、成功のカギがあるのでしょうかね。

| あひょん | 2006/02/04 12:39 | URL | ≫ EDIT

ライバル
君は僕のライバル、
だけど、僕は君のライバルだろうか
有り難いライバル

| 五葉松 | 2006/02/04 12:43 | URL | ≫ EDIT

チャンスには後ろ髪がない。というのは聞いたことあります。チャンスは通り過ぎる前に掴まないと逃すという例えみたいです。

| ■POPPY(あひょんさんへ) | 2006/02/07 00:51 | URL | ≫ EDIT

五葉松さんは僕の有り難いライバルです。今後とも宜しくお願いします。

| ■POPPY(五葉松さんへ) | 2006/02/07 00:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nabyas.blog36.fc2.com/tb.php/183-20c1a7d3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。