PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

目に見えないもの

ブログを始めて3ヶ月。インプットとアウトプットを繰り返す毎日である。僕もいろんな方のブログを読んでいるのだけれど、その方の個性っていうのが出るもんだなーと感じる。ブログはセキララさんのように書籍化する場合は別として、パソコンのディスプレーに映し出されたものを読んでいることになる。ブログを書く場合、少し間違ってても、すぐに直せるという意味では、そんなに神経を尖らせて書いてはいない。これが紙の上に印刷されると思うと文書って言うのは、それなりにブラッシュアップされてアウトプットされる。論文なんていうアカデミックなものの場合は書いては直し書いては直しの連続である。
僕の好きなファインマン教授の文章力も強烈だが、ノーベル物理学賞を受賞した湯川博士の文章っていうのは、物凄く完成されていて読んでて心地よさを覚えるのでここでその中の本を一冊紹介してみたいと思う。その本の書名は「目に見えないもの」。この一冊を読みながら、学問とは何かってこと以外に文章を書く上での表現の仕方などを考えてみたいと思います。研究者だって、自分のやろうとしている研究(研究計画)や論文(研究結果報告)は結局は自分の言いたいことがきちっと書けるかにかかっているしな。目には見えないものを相手に伝える術を身についたいですな。そういう意味では、このブログを書くという行為は目に見えないところで研究に繋がっていると考えているし、僕の場合、ブログっていうのは研究と言う名のフィールドに存在するような気がしている今日この頃です。

目に見えないもの
目に見えないもの湯川 秀樹

おすすめ平均
stars美しい日本語
stars天才物理学者の優しさに触れる本
stars湯川さんの人生観がわかる。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ギリちょんで10位、地道に書いていきますので応援してね!



コメントはこちらでも受け付けてます⇒夢への滑走路[掲示板]"クリック"


スポンサーサイト

| 座右の書 | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nabyas.blog36.fc2.com/tb.php/158-9c3b9b0e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。