PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

「サイボーグ技術が人類を変える」

今、電磁気の講義から帰ってきました。
昨日の深夜、NHKスペシャルで私が尊敬しているジャーナリスト立花隆氏取材の「サイボーグ技術が人類を変える」(http://www.nhk.or.jp/special/libraly/05/l0011/l1105.html)という番組を見ました。番組の内容で印象に残ったことを簡単に列挙していくと、
1.脳と神経の間を相互に伝達する信号を電気信号に変える技術を使って、人工の目や人工の腕を作ることができるようになってきた。
2.脳のある箇所に電圧を印加することで、今まで直らなかったパーキンソン病とかの症状をなくすことができる。(米国ではすでに数万件実用化されているらしい)
3.人工内耳デバイスを脳に埋め込むことで、音が聞き取れなかった人がクリアに音を聞き取ることができる。(日本でもこの手法で治療が行われている)
4.脳に電気信号を外部コンピュータから送ることで脳(行動)を操ることができる。(マウスでの実験は成功している。)
5.脳からの指令を電気信号で外部コンピュータを介して送信することができる。(例えば、脳でテレビの電源のON・OFFしようと考えると実際にテレビの電源がON・OFFするようなことができる)
6.脳の海馬という箇所を切断(まだマウス段階)して、電気信号を解析し、海馬とおなじ役割をもつICを作り出すことに成功している。
などなど・・・。
とにかく、テクノロジーはものすごいところまで来ているのだ!
率直な簡素としては。「すげーな。こんなことまでできるのか!」と思うと同時に「ちょっとこわいな。。。」と思ったのである。だって、人間の脳に外部から信号を送れば、その人の意思とは関係なく行動を操れるということは、殺人人間サイボーグみたいなものを作り出すことができるということになるのだから。。。こわいことです。
でも、片一方でうまく利用すれば医療・福祉に役立てることができるので魅力的なテクノロジーではあるわけです。
立花氏はこのテクノロジーの利用に対して、人間にとってどのように利用していくのがよいのかを今こそ議論すべきであると力説しておりました。僕も同感です。
みなさんはどう思われますか?
スポンサーサイト

| 面白い研究の紹介 | 03:19 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nabyas.blog36.fc2.com/tb.php/12-5cfcf1f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。