2006年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢を背負って登る坂道


僕は毎日自転車で大学まで通勤してるのだけど、

途中に長い坂道がある。

普段、その坂道を自転車で登っているときは

そんなに意識しないのだけど、

重く感じるときがたまにあるのである。

重く感じるときはどんなときかと言えば、

何となく研究が煮詰まっているときか、

どこか疲れているときなのである。

前者は、精神的な理由。後者は肉体的な理由。

当たり前だけど、心と体のバランス感覚が狂うと

至るところで負荷がかかるものである。

逆に言うと、いい仕事をするには、

健康な体と健全な精神が欠かせないのである。

と、いうことで、毎朝登る坂道は僕のバロメータなのです。

★<あなたのバロメータは何ですか?>_/_/_/_/_/_/

↓これからも応援お願い致します!

(クリックお願いします)【ブログランキング(自然科学)参加中】

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/★
スポンサーサイト

| 思いつき日誌 | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

桜咲くまで

ある人が言っていた言葉が僕の胸を打った!!!

  『桜は寒さで目が覚めて、開花の準備に入るからとか。

   人間も意外と、物事がうまくいかない時こそ、

   何かに目覚める時。』

そうか、今は開花の準備か。

そう思って、頑張るのみ!!!!!


| 思いつき日誌 | 02:16 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

人生を野球に例えてみよう!

2007年1月、早くも正月が終わろうとしている。

何度も書いているネタなのだが、

 正
 月
 ↓
「一」度
「止」って考える
「月」と書く。

まさにそんな一ヶ月であった。

自分のこれからの研究者人生のあり方とか、

我が家がこれからどのように暮らして行くか、とか

結構真剣に考えてきた一ヶ月。

まだまだ深く考えないと答えは見えてこないところもあるけど

2007年という一年が、自分の一生の中で「転機」になることは

確かな気がするのである。

人生=90年とすると、野球に例えるなら現在3回の裏に入った

ばかりのようなもの。まだまだ勝負はこれからである。

| 思いつき日誌 | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

夢に向かって広げる翼

自分に何が足らないか、

そんなことをこの一ヶ月の間、考えてきた。

研究する上での着眼点。

論文書くときの論理展開。

プレゼン時の英語力。

。。。。。挙げればキリがなのだけれど、

一番必要なのは、夢に向かって翼を広げる勇気。

逆風の中で、翼を広げれば広げるほど抵抗力が増す。

そんな中で、推進力をさらに上げて前に進むにはどうすればいいか。

なんとなく答えが見えてきたような気がしている。。。

| 思いつき日誌 | 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

日差しのムコウ

先週から今週にかけての我が家は

パートナー&ムスコがノロウィルスにかかってしまいダウン。

僕の携帯が故障したり家のPCが故障したりと

とんでもない一週間であった。

マイナスのスパイラルに陥っているような八方塞のような

毎日であったが、昨日は僕自身がジンマシンにかかった。

人間、ホントにダメなときはマイナスな出来事が重なる

ものである。久しぶりにそういう感覚を味わった。

背中からわき腹にかけてジンマシンが出来てしまって

かゆくてかゆくてたまらなかったのである。

しかし、今日起きてみるとジンマシンのかゆさもなく

パートナー&ムスコもだいぶ元気になってきたので

ちょっとホッとしているところなのである。

カーテンを開けると朝の日差しが眩しい。

朝のお目覚め珈琲を飲みながらパートナーとこれからの

お互いの人生についていろいろ話をした。

この一週間いろいろあったけれども、

そういうマイナスな出来事があったお陰で

物事の本質に迫ることができたような感じがしたのである。

心の底から元気の水が湧き出し始めたような感覚である。

日差しのムコウにある何かに向けて動き出している予感

のようなものを感じた、朝のひとときであった。

★<あなたにとっての「お宝」って何ですか???>_/_/_/_/_/_/

↓これからも応援お願い致します!

(クリックお願いします)【ブログランキング(自然科学)参加中】

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/★

| 思いつき日誌 | 14:20 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

待て、しかし希望せよ

人間誰しもバイオリズムと言うのか、何と言うのかわからないが

「いいとき」と「わるいとき」の2つの波がある。

「いいとき」はガツンガツン進んでいけば良いのだろうが、

「だめなとき」はどうするか?

そこが人生の分かれ道のような気がする。

「またかよ!もういいよ!!グスン。。。」とか

「何で自分だけ?」とか

「こんなに努力しているのに、何で報われないの?」とか

そういうマイナスなことばかり考えていると

続くものも続かなくなるし、情熱も冷めていく。

でも、あきらめちゃーいけないのだ。最後の最後までわからない。

どんなに壁が高くても、どんなに困難であろうとも、

どんなに苦しくても、自分の人生は自分で切り拓く!!!

そういう情熱を持って魂の種火を消してはいけない。

誰しも年を重ねていくと

「もう年だから・・・」とか「もう体力ないから・・・」

とか都合の良い言い訳を考えて、何もしないんではいけないのである。


・・・なーんて、偉そうに言ってる僕は、、、ですね。

ただ単に「根拠のない自信」があるだけなんだけどね。

でも、よく考えれば、この根拠のない自信は、今までの人生の

小さい自信の積み重ねで生まれたような気もする。

あるいは、ただ単に「バカ」なのかもしれない(笑)。

★<たった一つの言葉が人生を変えることがある!>_/_/_/_/_/_/

↓これからも応援お願い致します!

(クリックお願いします)【ブログランキング(自然科学)参加中】

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/★

| 思いつき日誌 | 11:24 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

自己スピリチュアル的中?

さてと、最近は次の研究ポストを探したり、

インタビュー受けに遠征したり、と忙しくしているのだが、

なんとなく先が見えつつある。

12月14日のブログ

「希望的予感」

http://nabyas.blog36.fc2.com/blog-entry-339.html

に書いたが、希望的予感が当たりそうな気配なのである。

まるで、「自己スピリチュアル」である(笑)。

人生、何が起こるかわからないもんだ。

でも、まだ決まったわけじゃないので、冷静に自分を見つめつつ

日々の努力だけは重ねて行こうと思うのである。

★<我人生、基本はハイリスク、ハイリターンなのである!>_/_/_/_/_/_/

↓これからも応援お願い致します!

(クリックお願いします)【ブログランキング(自然科学)参加中】

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/★

| 研究日誌 | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

研究者の旬年齢

ノーベル賞受賞者の業績を上げた年齢の分布なる資料を見つけた。

分野にもよるが、ドクター取得後の30歳から45歳くらいに

山があるようだ。

僕はその中間地点に足を踏み入れようとしているところ。

うーん。。。頑張らねば!!!

ってか、ノーベル賞が目標でもないし、こういう統計的なものは

とりあえずは、頭の片隅に追いやって

我武者羅に頑張るとするか!!!!!

結果を気にせず、知的好奇心を満たすべく前に進もう!

それが、今一番必要なことのような気がするのである。

0212fa01_fig01.jpg


★<真のオリジナリティーとはなんだろう?>_/_/_/_/_/_/

↓これからも応援お願い致します!

(クリックお願いします)【ブログランキング(自然科学)参加中】

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/★

| 研究日誌 | 19:41 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

物質をみぐる冒険

最近、いつもリュックに入れて細切れの時間を利用して

読んでいる本なのだが、これが結構面白い!!!

と、同時にこういう分野で物書きで飯を食ってる(表現は悪いけれど)

竹内薫氏っていうのは、本当にスゴイ!!!!!

脱帽である。


物質をめぐる冒険―万有引力からホーキングまで物質をめぐる冒険―万有引力からホーキングまで
竹内 薫

日本放送出版協会 2005-11
売り上げランキング : 31800

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


★<風邪予防は、手洗い・うがいから!>_/_/_/_/_/_/

↓これからも応援お願い致します!

(クリックお願いします)【ブログランキング(自然科学)参加中】

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/★

| 座右の書 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

人生の踊り場にて

ここ数日、パートナーとムスコ君が風邪でダウン。

夜帰っても一言も話すことなく過ごす時間が増えた。

「やっぱ家族は笑顔で元気が一番だな」

と、つくづく思う。

そんなこんなで、物音ひとつしない家の中で

これからの研究の方向性について

思いっきり考えているのである。

しかし、今年は本当に転機となりそうだ。

こんなに真剣に考えるチャンスはそうはない気がしている。

いつも何かに動かされているように忙しいので、

時間以外のことを止めて考えるってことはまずない。

人生において、こういう時ってそんなにないだろう。

今の研究ポストの任期もあと2ヶ月とチョット。

人生の「王手」をかけるためにも

これからの駒の動かし方を考えねばならない。

| 思いつき日誌 | 02:30 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

日米競争原理比較

NHKで「プロフェッショナル」という番組を見るのが

一週間の習慣になっているのだけれども、

司会をされておられる茂木健一郎氏が

「プロフェッショナル日記」なるブログを始めた。

その記事でMITの教授の石井裕先生のことが書いてあって

僕の心の夢の種に水がさされたような気がしたので紹介したい。

***********ここから****************************

日本とアメリカでは、「競争」の意味合いが違うということ。

MITでは、教授としてテニュアを得るためには、

「それまで誰もやっていなかった分野を切り開いた」

パイオニアであることが最重視される。

 一方、日本では、「競争」とは往々にしてすでに敷かれた

レールの上での「点数」争いを指す。

(中略)

「独創的なことをやればやるほど、誰にも理解されない、

 孤独な境地に入っていくんですよね。

 そうなったら、しめたものだと思うんですよ。」

石井さんは情熱的に早口で喋る。

***********ここまで****************************


新規分野を切り拓く⇒孤独の境地に入る

そんな経験はまだしたことはないけれども

これから先、さらに努力を重ねてその境地に達したい。

★<しばらくブログ休んでましたが、細く長く続けます>_/_/_/_/_/_/

↓これからも応援お願い致します!

(クリックお願いします)【ブログランキング(自然科学)参加中】

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/★


| 研究日誌 | 02:37 | comments(2) | trackbacks(1) | TOP↑

≫ EDIT

次へのステップ

みなさま、お久しぶりです!

すっかりブログを休んでいる管理人、POPPYです。

(ミクシではちょこちょこやってるんだけどね)

現在、次の研究ポスト探しで忙しくしています。

インタビュー受けたり、研究室見学したり。。。

とりあえず、何か見えてきたら報告します!

追伸:ブログはやめた訳じゃないです。一時休止中です。

| 思いつき日誌 | 12:09 | comments(79) | trackbacks(0) | TOP↑

2006年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。