| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

研究基地、作ってます!

最近、近くにいる秘書さんに言われた言葉がある。

「毎日ニコニコ顔で楽しそうに研究されてますけど、

 毎日戦いですね。・・・

 研究室って戦場だと思うんですよ。

 みんな故郷を離れて自分のために戦いに来てる。」

この言葉は、僕と他の研究員を見ていた秘書さんが

肌で感じたことなのだろう、真をついていると思った。

・・・ということは、僕が今新しく立ち上げている研究室

だとか、実験室は、「研究基地」ということになるのか。


そういえば、小さいころに大人に隠れて、

裏山に作った「基地」のころの気分に似ている。


このワクワク感をどこまでも膨らませて

気球に乗った気分で研究を楽しみたい!

★<情熱を持つこと。それが上昇気流を呼ぶのです。>_/_/_/_/_/_/

↓これからも応援お願い致します!

(クリックお願いします)【ブログランキング(自然科学)参加中】

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/★
スポンサーサイト

| 研究日誌 | 03:47 | comments(1) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

論文、アクセプトとかリプリントとか。

今週に入って、運気上昇中である!

なぜなら・・・

①リバイズしていた論文の受理決定通知が届いたり、

②掲載された論文のリプリントが届いたり

③投稿していた論文の査読結果が届いたり(下記参照)

と、3つの朗報が届いたからである。

一発で受理が決定した論文の差読者からのコメントは

こんな感じ。

コメント1:
The obtained results in this study are
technologically important, and the paper is
well organized.
There is no doubt to recommend this
paper to be published in XXX.

コメント2:
The ZZZis technologically important issue,
and I recommend that the paper be
published in its present form.

うーん。。。我ながら、お見事!素晴らしい!!



今、論文×2と総説×1を進行中ですなので、

この調子で来週も頑張るべし!

★<これからも宜しくお願いします!>_/_/_/_/_/_/

↓応援お願い致します!

(クリックお願いします)【ブログランキング(自然科学)参加中】

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/★

| 研究日誌 | 00:33 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

自己スピリチュアル的中?

さてと、最近は次の研究ポストを探したり、

インタビュー受けに遠征したり、と忙しくしているのだが、

なんとなく先が見えつつある。

12月14日のブログ

「希望的予感」

http://nabyas.blog36.fc2.com/blog-entry-339.html

に書いたが、希望的予感が当たりそうな気配なのである。

まるで、「自己スピリチュアル」である(笑)。

人生、何が起こるかわからないもんだ。

でも、まだ決まったわけじゃないので、冷静に自分を見つめつつ

日々の努力だけは重ねて行こうと思うのである。

★<我人生、基本はハイリスク、ハイリターンなのである!>_/_/_/_/_/_/

↓これからも応援お願い致します!

(クリックお願いします)【ブログランキング(自然科学)参加中】

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/★

| 研究日誌 | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

研究者の旬年齢

ノーベル賞受賞者の業績を上げた年齢の分布なる資料を見つけた。

分野にもよるが、ドクター取得後の30歳から45歳くらいに

山があるようだ。

僕はその中間地点に足を踏み入れようとしているところ。

うーん。。。頑張らねば!!!

ってか、ノーベル賞が目標でもないし、こういう統計的なものは

とりあえずは、頭の片隅に追いやって

我武者羅に頑張るとするか!!!!!

結果を気にせず、知的好奇心を満たすべく前に進もう!

それが、今一番必要なことのような気がするのである。

0212fa01_fig01.jpg


★<真のオリジナリティーとはなんだろう?>_/_/_/_/_/_/

↓これからも応援お願い致します!

(クリックお願いします)【ブログランキング(自然科学)参加中】

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/★

| 研究日誌 | 19:41 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

日米競争原理比較

NHKで「プロフェッショナル」という番組を見るのが

一週間の習慣になっているのだけれども、

司会をされておられる茂木健一郎氏が

「プロフェッショナル日記」なるブログを始めた。

その記事でMITの教授の石井裕先生のことが書いてあって

僕の心の夢の種に水がさされたような気がしたので紹介したい。

***********ここから****************************

日本とアメリカでは、「競争」の意味合いが違うということ。

MITでは、教授としてテニュアを得るためには、

「それまで誰もやっていなかった分野を切り開いた」

パイオニアであることが最重視される。

 一方、日本では、「競争」とは往々にしてすでに敷かれた

レールの上での「点数」争いを指す。

(中略)

「独創的なことをやればやるほど、誰にも理解されない、

 孤独な境地に入っていくんですよね。

 そうなったら、しめたものだと思うんですよ。」

石井さんは情熱的に早口で喋る。

***********ここまで****************************


新規分野を切り拓く⇒孤独の境地に入る

そんな経験はまだしたことはないけれども

これから先、さらに努力を重ねてその境地に達したい。

★<しばらくブログ休んでましたが、細く長く続けます>_/_/_/_/_/_/

↓これからも応援お願い致します!

(クリックお願いします)【ブログランキング(自然科学)参加中】

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/★


| 研究日誌 | 02:37 | comments(2) | trackbacks(1) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。